ジプレキサ ジェネリック(Oliza)10mg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:4,239 円~
【商品説明】
Intas Pharmaceutical社のオリザ(Oliza)は、ジプレキサのジェネリック商品で、オランザピンを成分としており、統合失調症や双極性障害など心の病気の治療に用いられています。

オリザの成分であるオランザピンは、副作用の少ない第2世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)に属し、統合失調症の治療においてよく使用されます。脳内の神経伝達物質の受容体に作用し、幻覚・妄想などの症状や、不安感やイライラを改善し、気分を安定させる働きがあります。また、双極性障害における躁症状やうつ症状の改善にも使用されます。オランザピンは鎮静作用が強いことが特徴で、陽性症状(幻覚、妄想、興奮)だけでなく、陰性症状(無感情、意欲低下、自閉)にも効果があります。

オリザは、気持ちの高ぶりや不安感を鎮め、停滞した心身の活動を改善する働きがあります。統合失調症、双極性障害、強い不安感・緊張感、抑うつ状態などの症状に効果を発揮する治療薬です。

【効果効能】
統合失調症
双極性障害における躁症状及びうつ症状の改善

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
統合失調症:
通常、成人にオランザピンとして5~10mg(0.5~1錠)を1日1回経口投与により開始してください。維持量として1日1回10mg(1錠)を経口投与します。なお、年齢、症状により適宜増減します。ただし、1日量は20mg(2錠)を超えないようにします。

双極性障害における躁症状の改善:
通常、成人にオランザピンとして10mg(1錠)を1日1回経口投与により開始します。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は20mg(2錠)を超えないようにします。

双極性障害におけるうつ症状の改善:
通常、成人にオランザピンとして5mg(0.5錠)を1日1回経口投与により開始し、その後1日1回10mg(1錠)に増量する。なお、いずれも就寝前に投与することとし、年齢、症状に応じ適宜増減するが、1日量は20mg(2錠)を超えないようにしてください。

■錠剤を分割して服用される際は、下記商品のご利用を推奨いたします。
▶安全度の高い錠剤カッターをご希望の方には、ウルトラピルカッター
▶ピルケース付きで持ち運びたい方には、ピルカッター
▶シンプルな錠剤カッターをご希望の方には、ブルーピルカッター

【注意事項】
・昏睡状態の方、バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある方、本剤や本剤含有成分にアレルギーのある方、アドレナリンを投与中の方、糖尿病またはその既往歴のある方は使用しないでください。
・ご家族の方で糖尿病歴がある、自殺念慮又は自殺企図の既往がある、脳の器質的障害がある、衝動性が高く併存障害を有する、尿閉・麻痺性イレウス・閉塞隅角緑内障がある、てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴がある、肝臓疾患、高齢者、本剤のクリアランスを低下させる要因(非喫煙者、女性、高齢者)を併せ持つ等、これらの方は慎重投与となるため、本剤を使用する前に必ず医師に相談してください。
・本剤の投与により、著しい血糖値の上昇または低血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の致命的な経過をたどることがあるので、本剤投与中は、血糖値の測定や口渇、多飲、多尿、頻尿等の観察を十分に行ってください。
・2回分を一度に服用しないでください。
・本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
・妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方、未成年の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
子供の手の届かないところに保管してください。
直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。

【副作用】
重大な副作用
高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖、悪性症候群(Syndrome malin)、肝機能障害、黄疸、痙攣、遅発性ジスキネジア、横紋筋融解症、麻痺性イレウス、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症

高血糖症状(口渇、多飲、多尿、頻尿等)、低血糖症状(脱力感、倦怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等)に注意し、このような症状があらわれた場合や、その他に異常を感じた際は、直ちに使用を中止し、医師の診察をお受けください。

【成分】
Oranzapine(オランザピン) 10mg

【メーカー】
Intas Pharmaceutical Ltd.

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓