[ロナセンジェネリック]ブロニタス(Blonitas)2mg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:1,975 円~
【商品説明】
Blonitas(ブロニタス)は、有効成分ブロナンセリンを含有した統合失調症の治療に用いられるお薬です。日本国内で処方されているロナセンのジェネリック医薬品でもあります。

統合失調症は、およそ100人に1人がかかる頻度の高い病気であり、幻覚や妄想という症状の他、生活の障害や病識の障害という特徴を併せ持ちます。統合失調症の原因・病態について、幻覚・妄想などが現れる陽性症状の場合はドパミン過剰が原因とされる「ドパミン仮説」が主流となっており、情動の平板化・意欲低下などが現れる陰性症状については、セロトニンが関与しているという「セロトニン仮説」があります。

ブロナンセリンは、ドパミンD2受容体、セロトニン5-HT2受容体に強い遮断作用と高い選択性を有しているため、統合失調症における陽性症状と陰性症状のどちらにも有効です。また、セロトニン5-HT2受容体よりドパミンD2受容体に対する遮断作用が強いという特徴ももっています。臨床試験では、統合失調症の陽性症状だけではなく、陰性症状に対する改善効果を示しており、体重増加や高プロラクチン血症などの副作用が少ない結果も得られています。

Blonitas(ブロニタス)は、脳内の神経伝達物質(ドパミン、セロトニン)の働きを抑えることにより、不安や緊張をやわらげ、気分を安定させて統合失調症における陽性症状及び陰性症状を改善します。

【効果効能】
統合失調症

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
通常、成人にはブロナンセリンとして1回4mg(2mg錠の場合:2錠、4mg錠の場合:1錠、8mg錠の場合:0.5錠)、1日2回食後経口投与より開始し、徐々に増量する。維持量として1日8~16mg(2mg錠の場合:4~8錠、4mg錠の場合:2~4錠、8mg錠の場合:1~2錠)を2回に分けて食後経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は24mg(2mg錠の場合:12錠、4mg錠の場合:6錠、8mg錠の場合:3錠)を超えないこと。

■錠剤を分割して服用される際は、下記商品のご利用を推奨いたします。
▶安全度の高い錠剤カッターをご希望の方には、ウルトラピルカッター
▶ピルケース付きで持ち運びたい方には、ピルカッター
▶シンプルな錠剤カッターをご希望の方には、ブルーピルカッター

【注意事項】
飲み忘れに気付いた際は、思い出した時点で食後または軽食をとった後に1回分服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

本剤は空腹時の服用では期待した効果を得られないことがあるため、食後に服用してください。
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
興奮、誇大性、敵意などの陽性症状が悪化する可能性があります。
本剤の服用により体重が増えることがあるので、その場合には食事内容を改善したり、運動をするなどしてください。
アルコール飲料は本剤に影響しますので、控えてください。
グレープフルーツジュースと一緒に服用しないでください。
抗真菌薬、抗エイズ薬をお飲みの方は必ず医師・薬剤師にご相談ください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
授乳中の方は、本剤服用中は授乳を中止してください。
子供の手の届かないところで、直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
昏睡状態の方
バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある方
アドレナリンを投与中の方(アドレナリンをアナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)
アゾール系抗真菌剤(外用剤を除く)(イトラコナゾール、ボリコナゾール、ミコナゾール、フルコナゾール、ホスフルコナゾール)、HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、ロピナビル・リトナビル配合剤、ネルフィナビル、サキナビル、ダルナビル、アタザナビル、ホスアンプレナビル)、テラプレビル、コビシスタットを投与中の方
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

【副作用】
パーキンソン症候群(振戦、筋強剛、流涎過多、寡動、運動緩慢、歩行障害、仮面様顔貌等)、アカシジア(静坐不能)、ジスキネジア(構音障害、嚥下障害、口周部・四肢等の不随意運動等)、羞明、便秘、食欲不振、悪心、プロラクチン上昇、不眠、不安・焦燥感・易刺激性、眠気、めまい・ふらつき、頭重・頭痛、興奮、しびれ感、自殺企図、倦怠感、口渇、脱力感、浮腫、水中毒、脱毛

悪性症候群(Syndrome malin)、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、横紋筋融解症、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、肝機能障害などの症状が現れる場合があります。
※類薬(他の向精神薬)において高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡が報告されています。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Blonitas 2
Blonanserin 2mg
ブロナンセリン 2mg

Blonitas 4
Blonanserin 4mg
ブロナンセリン 4mg

Blonitas 8
Blonanserin 8mg
ブロナンセリン 8mg

【メーカー】
Intas Pharmaceuticals Ltd

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓