ジェネリックトリプタノール50mg(Arrow)

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:1,940 円~
【商品説明】
Arrow(アロー)は有効成分アミトリプチリン塩酸塩を含有する三環系抗うつ剤です。日本国内でも処方されているトリプタノールのジェネリック医薬品でもあります。

うつ病とは、物事に興味や関心を持てなくなったり、気分が落ち込み何をしても楽しくないなど憂鬱な症状が長く続く病気です。疫学的な統計によると、日本人全体の約13人に1人が生涯のうちに一度はうつ病を経験するという報告もあるほど、決して珍しい病気ではありません。うつ病はセロトニンやノルアドレナリンなど、脳の中で意欲や気分を調節している神経伝達物質が減ってしまい、情報をうまく伝えられなくなることが原因の一つだと考えられています。

アミトリプチリン塩酸塩は、脳内のセロトニン、ノルアドレナリンの再取り込みを抑制することで、減ってしまったセロトニンやノルアドレナリンの量を増やして、情報をうまく伝えられるようにしたり、神経の働きをよくすることで、うつの症状を改善するといわれています。

Arrow(アロー)は、うつ病・うつ状態、夜尿症や末梢性神経障害性疼痛による辛い症状の改善に有効なお薬です。

【効果効能】
精神科領域におけるうつ病・うつ状態、夜尿症、末梢性神経障害性疼痛

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
うつ病・うつ状態:
アミトリプチリン塩酸塩として、通常、成人1日30~75mg(0.6~1.5錠)を初期用量とし、1日150mg(3錠)まで漸増し、分割経口投与する。まれに300mg(6錠)まで増量することもある。
なお、年齢、症状により適宜減量する。

夜尿症:
アミトリプチリン塩酸塩として、1日10~30mg(0.2~0.6錠)を就寝前に経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜減量する。

末梢性神経障害性疼痛:
アミトリプチリン塩酸塩として、通常、成人1日10mg(0.2錠)を初期用量とし、その後、年齢、症状により適宜増減するが、1日150mg(3錠)を超えないこと。

■錠剤を分割して服用される際は、下記商品のご利用を推奨いたします。
▶安全度の高い錠剤カッターをご希望の方には、ウルトラピルカッター
▶ピルケース付きで持ち運びたい方には、ピルカッター
▶シンプルな錠剤カッターをご希望の方には、ブルーピルカッター

【注意事項】
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

誤って多く服用した場合は、医師または薬剤師にご相談ください。
眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
授乳中の方は、本剤を服用中は授乳を中止してください。
本剤は、服用量を急激に減らしたり、中止したりした場合に吐き気、頭痛、倦怠感、易刺激性(ちょっとした刺激で気持ちや体の変調をきたすこと)、情動不安、睡眠障害などの症状があらわれる場合があります。
本剤服用中は、アルコールの摂取は控えてください。
本剤服用中は、セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)を含有する食品は控えてください。
本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、使用をお控えください。
子供の手の届かないところに保管してください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
緑内障の方
三環系抗うつ剤に対し過敏症の方
心筋梗塞の回復初期の方
尿閉(前立腺疾患等)のある方
モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン塩酸塩、ラサギリンメシル酸塩)を投与中あるいは投与中止後2週間以内の方

【副作用】
血圧上昇、動悸、不整脈、心発作、心ブロック、眠気、不眠、不安、口周部等の不随意運動(長期投与時)、白血球減少、肝機能障害、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、口渇、尿閉、体重増加

悪性症候群(Syndrome malin)、セロトニン症候群、心筋梗塞、幻覚、せん妄、精神錯乱、痙攣、顔・舌部の浮腫、無顆粒球症、骨髄抑制、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Amitriptyline Hydrochloride 50mg

アミトリプチリン塩酸塩 50mg

【メーカー】
Teva

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓