エビリファイ(Abilify)15mg 28錠

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:5,022 円~
【商品説明】
Abdi Ibrahim社のエビリファイは、有効成分・アリピプラゾールを含有する非定型抗精神病薬です。

エビリファイは、脳の中の感情コントロールに関与する、ドパミン受容体、およびセロトニン受容体に作用し、興奮を抑えて幻覚・妄想・意欲低下などの症状を改善したり、抑えることのできない感情の高まりや行動を改善して、気分を安定化させます。

エビリファイは、ドパミンD2受容体部分刺激作用、ドパミンD3受容体部分刺激作用、セロトニン5-HT1A受容体部分刺激作用、セロトニン5-HT2A受容体遮断作用と複数の作用を併せ持つ薬剤です。

部分刺激作用とは、パーシャルアゴニスト作用とも呼ばれており、それぞれの受容体に対して刺激が不足しているときは刺激薬として、刺激が過剰なときは遮断薬として働く作用のことです。エビリファイは、この部分刺激作用により、脳の神経伝達を調節し、統合失調症、双極性障害におけるそう状態の改善や、うつ病・うつ状態を改善します。

※エビリファイ 10mgの取扱いもございます。

【効果効能】
統合失調症
双極性障害における躁症状の改善
うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)

【用法用量】
●統合失調症
通常、成人にはアリピプラゾールとして1日6~12mg(0.4~0.8錠)を開始用量、1日6~24mg(0.4~1.6錠)を維持用量とし、1回又は2回に分けて経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は30mg(2錠)を超えないこと。
●双極性障害における躁症状の改善
通常、成人にはアリピプラゾールとして12~24mg(0.8~1.6錠)を1日1回経口投与する。なお、開始用量は24mg(1.6錠)とし、年齢、症状により適宜増減するが、1日量は30mg(2錠)を超えないこと。
●うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)
通常、成人にはアリピプラゾールとして3mg(0.2錠)を1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、増量幅は1日量として3mg(0.2錠)とし、1日量は15mg(1錠)を超えないこと。

■錠剤を分割して服用される際は、下記商品のご利用を推奨いたします。
▶安全度の高い錠剤カッターをご希望の方には、ウルトラピルカッター
▶ピルケース付きで持ち運びたい方には、ピルカッター
▶シンプルな錠剤カッターをご希望の方には、ブルーピルカッター

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【注意事項】
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
本剤を服用し始めてしばらくは、急に立ち上がると、めまいや気を失うことがあるので、特に起床時・朝などはゆっくりと起き上がるよう心掛けてください。
本剤の服用中にのどが渇く、水をたくさん飲む、トイレに頻回行くなどの高血糖の症状がある場合や血糖値の高い方は速やかに医師へその旨をご相談ください。
糖尿病の方は本剤服用前に必ず医師へご相談ください。
本剤の服用により体重が増えることがあるので、食事内容を改善したり、運動をするなど心掛けてください。
アドレナリンを使用中の方は本剤を服用しないでください。
本剤の服用中にアルコールを飲むと薬の作用が強く出るので控えてください。
本剤を服用中は頻回に血糖値測定を受診されることを推奨いたします。

効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
こちらの文面は、薬効成分等の一般的な作用機序を解説したものであり、この通りの服用を推奨しているわけではありません。
必ず医師の観察のもとで使用し、異変を感じた際は医師の診察をお受けください。

【副作用】
不眠、不安、食欲不振、体重減少、嘔吐

【成分】
Aripiprazole 15mg

アリピプラゾール 15mg

【メーカー】
Abdi Ibrahim ilac San ve Tic A.S.

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓