[オーラップジェネリック]ピモジド(Mozep)2mg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:2,868 円~
【商品説明】
薬効成分のピモジドを含有した抗精神病薬が、Mozep-2です。

Mozep-2は、興奮を抑制することで幻覚・妄想を抑え、気分を安定させる薬です。

Mozep-2の薬効成分であるピモジドは、脳の中の感情をコントロールする部分に働くことで、神経に過度な興奮を起こす物質の産生や放出をコントロールして、興奮を抑制します。1日1回の投与で効果を発揮し、作用持続時間が長いのが特徴です。

【効果効能】
統合失調症

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
ピモジドとして通常成人には、次の量を1日1回、必要に応じ2~3回に分割し、経口投与する。
初期量は1~3mg(0.5~1.5錠)、症状に応じ4~6mg(2~3錠)に漸増する。最高量は9mg(4.5錠)までとする。維持量は通常6mg(3錠)以下である。
なお、症状に応じ適宜増減する。1日1回の投与の場合は朝の投与が望ましい。

■錠剤を分割して服用される際は、下記商品のご利用を推奨いたします。
▶安全度の高い錠剤カッターをご希望の方には、ウルトラピルカッター
▶ピルケース付きで持ち運びたい方には、ピルカッター
▶シンプルな錠剤カッターをご希望の方には、ブルーピルカッター

【注意事項】
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はしないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
抗エイズ薬、抗真菌薬、抗生物質、抗うつ薬をお飲みの方は必ず医師・薬剤師にご相談ください。
本剤の服用中にアルコールを飲むと薬の作用が強く出るのでお控えください。
本剤の服用中にグレープフルーツジュースは飲まないでください。

●以下の方は本剤を使用しないでください。
先天性QT延長症候群のある方、先天性QT延長症候群の家族歴のある方、不整脈又はその既往歴のある方
QT延長を起こしやすい方
QT延長を起こすことが知られている薬剤(スルトプリド等)を投与中の方
低カリウム血症、低マグネシウム血症のある方
著明な徐脈のある方
HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビルを含有する薬剤、サキナビル、インジナビル、ネルフィナビル、アタザナビル、ホスアンプレナビル、ダルナビル)、アゾール系抗真菌剤(外用剤を除く)(イトラコナゾール、ボリコナゾール、ミコナゾール、フルコナゾール、ホスフルコナゾール)、テラプレビル、クラリスロマイシン、エリスロマイシン、キヌプリスチン・ダルホプリスチン、アプレピタント、ホスアプレピタント、コビシスタットを含有する薬剤、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル、パロキセチン、フルボキサミン、セルトラリン、エスシタロプラムを投与中の方
昏睡状態の方、又はバルビツール酸誘導体、麻酔剤等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある方
うつ病・パーキンソン病の方
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
こちらの文面は、薬効成分等の一般的な作用機序を解説したものであり、この通りの使用を推奨しているわけではありません。
必ず医師の観察のもとで使用し、異変を感じた際は医師の診察をお受けください。

【副作用】
パーキンソン症候群(振戦、筋強剛、流涎等)、不眠、眠気、プロラクチン値の上昇

心室頻拍、突然死、悪性症候群(Syndrome malin)、痙攣発作、低ナトリウム血症、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Pimozide 2mg

ピモジド 2mg

【メーカー】
Intas Pharmaceuticals Ltd

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓