ゾニサミド(Zonisep)25mg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:1,161 円~
【商品説明】
薬効成分のゾニサミドを含有した抗てんかん薬が、ゾニセップです。ゾニサミドは、日本国内で承認されているエクセグラン錠と同一薬効成分です。

ゾニセップは、けいれんや意識消失などの発作を抑える薬です。

ゾニセップに含有されている薬効成分のゾニサミドは、脳の神経の過剰な興奮を抑えます。刺激を周囲に伝わりにくくすることで、発作を抑制します。

顕著な抗けいれん作用を示すゾニサミドは、部分てんかん及び全般てんかんの各発作型、及びこれらの混合発作型に対して効果を発揮する薬剤です。

【効果効能】
部分てんかん及び全般てんかんの下記発作型
●部分発作
単純部分発作〔焦点発作(ジャクソン型を含む)、自律神経発作、精神運動発作〕
複雑部分発作〔精神運動発作、焦点発作〕
二次性全般化強直間代けいれん〔強直間代発作(大発作)〕
●全般発作
強直間代発作〔強直間代発作(全般けいれん発作、大発作)〕
強直発作〔全般けいれん発作〕
非定型欠神発作〔異型小発作〕
●混合発作〔混合発作〕

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
ゾニサミドとして、通常、成人は最初1日100~200mg(4~8カプセル)を1~3回に分割経口投与する。以後1~2週ごとに増量して通常1日量200~400mg(8~16カプセル)まで漸増し、1~3回に分割経口投与する。
なお、最高1日量は600mg(24カプセル)までとする。

【注意事項】
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

本剤は効果を出すために医師の指示どおり規則正しく決められた量を服用してください。また長期にわたって服用しなければなりませんが、医師の指示なしに勝手に服用を中止しないでください。
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
本剤を長期服用中、勝手に薬の量を急激に減らしたり、服用を中止すると痙攣や意識がなくなるなどが起きることがあるので必ず指示を守ってください。
本剤の服用中、汗が出にくくなり、特に夏に体温が上昇することがあります。このような場合には高温の環境をできるだけ避けてください。

●以下の方は本剤を服用しないでください。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
こちらの文面は、薬効成分等の一般的な作用機序を解説したものであり、この通りの使用を推奨しているわけではありません。
必ず医師の観察のもとで使用し、異変を感じた際は医師の診察をお受けください。

【副作用】
発疹、そう痒感、眠気、無気力・自発性低下、精神活動緩慢化、易刺激性・焦燥、記銘・判断力低下、頭痛・頭重、運動失調、複視・視覚異常、食欲不振、悪心・嘔吐、体重減少、倦怠・脱力感、ジスキネジア、抑うつ、めまい・ふらつき、睡眠障害、幻視・幻聴、胃不快感、便秘、AST(GOT)・ALT(GPT)・ALP・LDH上昇、BUN上昇、立ちくらみ、CK(CPK)上昇、浮腫

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、紅皮症(剥脱性皮膚炎)、過敏症症候群、再生不良性貧血、無顆粒球症、赤芽球癆、血小板減少、急性腎不全、間質性肺炎、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症、腎・尿路結石、発汗減少に伴う熱中症、悪性症候群、幻覚・妄想・錯乱・せん妄等の精神症状などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Zonisamide 25mg

ゾニサミド 25mg

【メーカー】
Sun Pharma Laboratories Ltd.

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓