[ガバペンジェネリック]ガバセット(Gabaset)300mg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:1,975 円~
【商品説明】
薬効成分のガバペンチンを含有した抗てんかん薬が、ガバペンジェネリックです。ガバペンチンは、日本国内で承認されているガバペン錠と同一薬効成分です。

ガバペンチンは、脳の神経が過剰に興奮するのを抑えることで、けいれんや意識消失などの発作を抑制する薬です。

てんかんは、脳の細胞が過剰に興奮してその刺激が周囲に伝わることで起こるため、ガバペンチンはてんかん発作の抑制に有効です。

体内でほとんど代謝されないことに加え、肝臓における薬物代謝酵素に対して誘導・阻害作用のいずれも有さないガバペンチンは、他の抗てんかん薬との相互作用を起こしにくい薬剤です。

【効果効能】
他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
通常、成人及び13歳以上の小児にはガバペンチンとして初日1日量600mg(2錠)、2日目1日量1200mg(4錠)をそれぞれ3回に分割経口投与する。
3日目以降は、維持量として1日量1200mg~1800mg(4~6錠)を3回に分割経口投与する。
なお、症状により適宜増減するが、1日最高投与量は2400mg(8錠)までとする。

【注意事項】
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。各服用間隔が12時間を越えないようにしてください。
※2回分を一度に服用しないこと。

本剤は効果を出すために、医師の指示どおり規則正しく決められた量を服用してください。また、長期にわたって服用する必要があるため、自己判断で勝手に服用を中止しないでください。
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
本剤を長期服用中、勝手に薬の量を急激に減らしたり、服用を中止すると痙攣や意識消失が起こることがありますので、必ず医師の指示をお守りください。
本剤の服用中に、肥満の兆候が現れた際は医師へご相談ください。
直射日光を避けて、できるだけ涼しい場所に保管してください。

●以下の方は本剤を服用しないでください。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
こちらの文面は、薬効成分等の一般的な作用機序を解説したものであり、この通りの使用を推奨しているわけではありません。
必ず医師の観察のもとで使用し、異変を感じた際は医師の診察をお受けください。

【副作用】
傾眠、浮動性めまい、頭痛、複視、CK(CPK)増加、サイロキシン減少、抗核因子陽性

急性腎不全、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、薬剤性過敏症症候群、肝炎、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症、アナフィラキシーなどの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Gabapentin 300mg

ガバペンチン 300mg

【メーカー】
Biofarma ilac San.ve Tic.A.S.

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓