テグレトールジェネリック200mg(Karazepin)

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:1,129 円~
【商品紹介】
(テグレトールジェネリック)Karazepinはてんかんの治療薬として知られていますが、その他にもさまざまな病気に対して有効であることが知られています。

【てんかん治療薬としての効果】
当商品に有効成分のガルバマゼピンには脳神経の興奮を抑制する効果があります。この効果によって、てんかんの発作が起きるのを事前に予防することが可能といわれています。特に部分発作には高い効果を発揮しますが、強直間代発作以外の全般発作には効果が無いとされています。

【躁うつ病治療薬としての効果】
上記に記載いたしました通り、当商品に有効成分のガルバマゼピンには脳神経の興奮を抑制する効果があります。この効果によって、躁うつ病などの神経疾患にも効果を発揮するといわれています。

【三叉神経痛治療薬としての効果】
三叉神経痛とは三叉神経の異常により、短時間の激痛を伴う発作が発生する症状を言います。三叉神経は顔面の感覚をつかさどっている神経です。この神経を鎮めておくことによって、発作の発生を抑える効果が期待できます。

【効果効能】
・精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんの痙攣発作:強直間代発作(全般痙攣発作、大発作)
・躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態
・三叉神経痛

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法・用量】
精神運動発作、てんかん性格及びてんかんに伴う精神障害、てんかんの痙攣発作:強直間代発作(全般痙攣発作、大発作)の場合
カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200~400mg(1~2錠)を1~2回に分割経口投与し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg:3錠)徐々に増量する。症状により1日1,200mg(6錠)まで増量することができる。
小児に対しては、年齢、症状に応じて、通常1日100~600mg(0.5~3錠)を分割経口投与する。

躁病、躁うつ病の躁状態、統合失調症の興奮状態の場合
カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200~400mg(1~2錠)を1~2回に分割経口投与し、至適効果が得られるまで(通常1日600mg:3錠)徐々に増量する。症状により1日1,200mg(6錠)まで増量することができる。

三叉神経痛の場合
カルバマゼピンとして通常、成人には最初1日量200~400mg(1~2錠)からはじめ、通常1日600mg(3錠)までを分割経口投与するが、症状により1日800mg(4錠)まで増量することができる。
小児に対しては、年齢、症状に応じて適宜減量する。

■錠剤を分割して服用される際は、下記商品のご利用を推奨いたします。
▶安全度の高い錠剤カッターをご希望の方には、ウルトラピルカッター
▶ピルケース付きで持ち運びたい方には、ピルカッター
▶シンプルな錠剤カッターをご希望の方には、ブルーピルカッター

【注意事項】
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
室温で保管してください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
本剤の成分又は三環系抗うつ剤に対し過敏症の既往歴のある方
重篤な血液障害のある方
第2度以上の房室ブロック、高度の徐脈(50拍/分未満)のある方
ボリコナゾール、タダラフィル(アドシルカ)、リルピビリンを投与中の方
ポルフィリン症の方

【副作用】
再生不良性貧血、汎血球減少、白血球減少、無顆粒球症、貧血、溶血性貧血、赤芽球癆、血小板減少、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症、紅皮症、SLE様症状、過敏症症候群、肝機能障害、黄疸、急性腎不全(間質性腎炎等)、PIE症候群、間質性肺炎、血栓塞栓症、アナフィラキシー、うっ血性心不全、房室ブロック、洞機能不全、徐脈、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、無菌性髄膜炎、悪性症候群

猩紅熱様・麻疹様・中毒疹様発疹、そう痒症、光線過敏症、蕁麻疹、潮紅、血管炎、血管浮腫、呼吸困難、色素沈着、ざ瘡、丘疹、多形結節性紅斑、紫斑、多毛、苔癬様角化症、爪の障害(爪甲脱落症、爪の変形、爪の変色等)、筋脱力、筋痙攣、関節痛、筋痛、リンパ節腫脹、ポルフィリン症、巨赤芽球性貧血、白血球増多、好酸球増多症、網状赤血球増加症、ALT(GPT)、Al-P、γ-GTP、AST(GOT)の上昇、蛋白尿・BUN・クレアチニンの上昇、頻尿、乏尿、尿閉、血尿、ふらつき、眠気、めまい、注意力・集中力・反射運動能力等の低下、立ちくらみ、抑うつ、頭痛・頭重、脱力、倦怠感、興奮、運動失調、不随意運動(振戦、アステリキシス等)、言語障害、錯乱、幻覚(視覚、聴覚)、せん妄、知覚異常、インポテンス、末梢神経炎、口顔面ジスキネジー、舞踏病アテトーゼ、麻痺症状、攻撃的行動、激越、意識障害、鎮静、記憶障害、複視、霧視、調節障害、眼振、異常眼球運動(眼球回転発作)、水晶体混濁、結膜炎、眼圧上昇、血圧低下、血圧上昇、不整脈、刺激伝導障害、食欲不振、悪心・嘔吐、便秘、下痢、口渇、膵炎注2)、口内炎、舌炎、腹痛、大腸炎、ビタミンD・カルシウム代謝異常(血清カルシウムの低下等)、甲状腺機能検査値の異常(T4値の低下等)、血清葉酸値低下、女性化乳房、乳汁漏出、プロラクチン上昇、低ナトリウム血症、骨軟化症、骨粗鬆症、高血糖、発熱、味覚異常、浮腫、発汗、体重増加、感冒様症状(鼻咽頭炎、咳嗽等)、聴覚異常(耳鳴、聴覚過敏、聴力低下、音程の変化等)、脱毛、コレステロール上昇、トリグリセリド上昇、CK(CPK)上昇、体液貯留、免疫グロブリン低下(IgA、IgG等)、CRP上昇

以上のような副作用が認められた場合、その他なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Carbamazepine 200mg

ガルバマゼピン 200mg

【メーカー】
Myfarma ilac San. Ce Tic. A.S.

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓