クロザピン(Clozapine)100mg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:2,713 円~
【商品説明】
治療抵抗性の統合失調症に使用されるである非定型抗精神病薬が、クロザピンを薬効成分とするクロザリルジェネリック医薬品のkizoril(クロザピン)です。

薬効成分のクロザピンにより、陽性症状に対し、ドパミン(ドーパミン)D2受容体の遮断作用に依存せず、中脳辺縁系への選択的抑制作用を示すと言われています。陰性症状に対しては、前頭前野大脳皮質でのセロトニン5-HT2A受容体阻害による細胞外ドパミン濃度の上昇が関与していると言われています。

クロザピンは、既存の治療薬が効かない治療抵抗性統合失調症の治療に効果があることが証明されています。

副作用として、無顆粒球症、心筋炎、糖尿病などの発現する危険性があるため、投薬に関しては厳格な使用手引きクロザリル患者モニタリングサービス(Clozaril Patient Monitoring Service:CPMS)に登録された医師・薬剤師のみ取り扱いできる薬です。

Skizoril(クロザピン)は、既存の抗精神病薬が効かない統合失調症の治療薬として使用されています。

【効果効能】
治療抵抗性統合失調症

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
通常、成人にはクロザピンとして初日は12.5mg(0.13錠)、2日目は25mg(0.25錠)を1日1回経口投与する。3日目以降は症状に応じて1日25mg(0.25錠)ずつ増量し、原則3週間かけて1日200mg(2錠)まで増量するが、1日量が50mg(0.5錠)を超える場合には2~3回に分けて経口投与する。維持量は1日200~400mg(2~4錠)を2~3回に分けて経口投与することとし、症状に応じて適宜増減する。ただし、1回の増量は4日以上の間隔をあけ、増量幅としては1日100mg(1錠)を超えないこととし、最高用量は1日600mg(6錠)までとする。

※本剤の使用に関しては、クロザリル患者モニタリングサービス(Clozaril Patient Monitoring Service:CPMS)※注に登録された医師・薬剤師の指導のもとご利用ください。

※注定期的な血液モニタリング等を実施し、無顆粒球症等の早期発見を目的として規定された手順

●錠剤を分割して服用される際は、下記商品のご利用を推奨いたします。
▶ピルケース付きで持ち運びたい方には、ピルカッター
▶シンプルな錠剤カッターをご希望の方には、ブルーピルカッター
▶錠剤のカットと粉砕をしたい方には、ピルカッタークラッシャー

【注意事項】
本剤の投与は、統合失調症の診断、治療に精通し、無顆粒球症、心筋炎、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の重篤な副作用に十分に対応でき、かつクロザリル患者モニタリングサービス(Clozaril Patient Monitoring Service:CPMS)に登録された医師・薬剤師のいる登録医療機関・薬局において、登録患者に対して、血液検査等のCPMSに定められた基準がすべて満たされた場合にのみ行うこと。また、基準を満たしていない場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を講じること。

無顆粒球症等の血液障害は投与初期に発現する例が多いので、原則として投与開始後18週間は入院管理下で投与を行い、無顆粒球症等の重篤な副作用発現に関する観察を十分に行うこと。

飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

本剤の使用に関しては、医師の指導のもとご利用ください。
本剤は、他の抗精神病薬治療に抵抗性を示す統合失調症の方にのみ投与すること。
本剤は原則として単剤で使用し、他の抗精神病薬とは併用しないこと。
本剤の投与を終了する際には、2週間以上かけて用量を漸減することが望ましい。
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
子供の手の届かないところに保管してください。
室温で保管してください。

●以下の方は本剤を使用しないでください。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
CPMSへの患者登録前(4週間以内)の血液検査で、白血球数が4,000/mm³未満又は好中球数が2,000/mm³未満の方
CPMSの規定を遵守できない方
CPMSで定められた血液検査の中止基準により、本剤の投与を中止したことのある方
無顆粒球症又は重度の好中球減少症の既往歴のある方
骨髄機能障害のある方
骨髄抑制を起こす可能性のある薬剤を投与中の方又は放射線療法、化学療法等の骨髄抑制を起こす可能性のある治療を行っている方
持効性抗精神病剤(ハロペリドールデカン酸エステル注射液、フルフェナジンデカン酸エステル注射液、リスペリドン持効性懸濁注射液、パリペリドンパルミチン酸エステル持効性懸濁注射液、アリピプラゾール水和物持続性注射剤)を投与中の方
重度の痙攣性疾患又は治療により十分な管理がされていないてんかんの方
アルコール又は薬物による急性中毒、昏睡状態の方
循環虚脱状態の方又は中枢神経抑制状態の方
重度の心疾患(心筋炎等)のある方
重度の腎機能障害のある方
重度の肝機能障害のある方
麻痺性イレウスの方
アドレナリン作動薬(アドレナリン、ノルアドレナリン)を投与中の方

糖尿病又は糖尿病の既往歴のある方は、原則使用不可とするが、特に必要とする場合には慎重投与する。

【副作用】
無顆粒球症、白血球減少症、好中球減少症、心筋炎、心筋症、心膜炎、心嚢液貯留、)高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、悪性症候群、てんかん発作、痙攣、ミオクローヌス発作、起立性低血圧、失神、循環虚脱、肺塞栓症、深部静脈血栓症、劇症肝炎、肝炎、胆汁うっ滞性黄疸、腸閉塞、麻痺性イレウス

白血球増加、好酸球増加、口渇、体重増加、体重減少、高トリグリセリド血症、傾眠、めまい、頭痛、振戦、アカシジア、構語障害、遅発性ジスキネジア、頻脈、心電図変化、血圧低下、流涎過多、便秘、悪心、嘔吐、消化不良、肝機能検査値上昇(ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加、γ-GTP増加等)、尿失禁、疲労・けん怠感、発熱、発汗・体温調節障害、CK(CPK)増加、ALP増加、LDH増加、プロラクチン増加、TSH低下などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Clozapine 100mg

クロザピン 100mg

【メーカー】
Intas Pharmaceutical Ltd

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓