ルボックスジェネリック・ファベリン(Faverin)100mg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:2,465 円~
【商品説明】
ファベリン(ルボックスジェネリック)は、日本でも取り扱われているルボックスと同成分のフルボキサミンを有効成分とした、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)です。

セロトニン系の神経のみに作用するため、従来の抗うつ剤と比較して口の渇きや便秘といった副作用が少ないことが特徴です。

気分が落ち込んだり、悲観的になりやすい、意欲が湧かない、集中出来ないなどといった、うつに見られる症状を緩和・改善をする薬です。また、うつ症以外にも、摂食障害、多動性障害などに処方されることもあります。

【効果効能】
うつ病・うつ状態、強迫性障害、社会不安障害

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
通常、成人にはフルボキサミンマレイン酸塩として、1日50mg(0.5錠)を初期用量とし、1日150mg(1.5錠)まで増量し、1日2回に分割して経口投与する。なお、年齢・症状に応じて適宜増減する。

■錠剤を分割して服用される際は、下記商品のご利用を推奨いたします。
▶安全度の高い錠剤カッターをご希望の方には、ウルトラピルカッター
▶ピルケース付きで持ち運びたい方には、ピルカッター
▶シンプルな錠剤カッターをご希望の方には、ブルーピルカッター

【注意事項】
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方は、服用をお控えください。
授乳中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
室温で保管してください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の方
ピモジド、チザニジン塩酸塩、ラメルテオンを投与中の方

【副作用】
痙攣、せん妄、錯乱、幻覚、妄想:痙攣、せん妄、錯乱、幻覚、妄想、意識障害、ショック、アナフィラキシー、セロトニン症候群、悪性症候群、白血球減少、血小板減少、肝機能障害、黄疸、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

眠気、嘔気・悪心などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Fluvoxamine 100mg

フルボキサミン 100mg

【メーカー】
Abbott Laboratories

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓