トフラニール25mg(Tofranil)

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:1,212 円~
【商品説明】
トフラニール(Tofranil)は、うつ病・うつ状態治療に用いられる抗うつ剤です。

セロトニン・ノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。セロトニンは気分の安定や不安の軽減をもたらし、ノルアドレナリンは意欲の増加をもたらすとされています。これらの働きにより、うつ病やうつ症状を改善します。

また、塩酸イミプラミンは遺尿症や夜尿症の治療薬としても用いられることがあります。抗コリン作用をもたらし、膀胱の収縮を抑制し放尿が起こりにくくします。また、ノルアドレナリンの再取込み阻害により発生するα刺激作用により尿道閉鎖圧を高めます。

【効果効能】
精神科領域におけるうつ病・うつ状態
遺尿症(昼・夜)

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
うつ病・うつ状態治療の場合
イミプラミン塩酸塩として、通常成人1日25~75mg(1~3錠)を初期用量とし、1日200mg(8錠)まで漸増し、分割経口投与する。まれに300mg(12錠)まで増量することもある。
なお、年齢、症状により適宜減量する。

遺尿症治療の場合
通常幼児は1日量25mg(1錠)を1回、学童は1日量25~50mg(1~2錠)を1~2回経口投与する。
ただし、症状および年齢に応じ適宜増減する。

【注意事項】
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、服用をお控えください。
室温で保管してください。

●以下の方は本剤を使用しないでください。
緑内障のある方
本剤の成分又は三環系抗うつ剤に対し過敏症の既往歴のある方
心筋梗塞の回復初期の方
尿閉(前立腺疾患等)のある方
MAO阻害剤(セレギリン)を投与中あるいは投与中止後2週間以内の方
QT延長症候群のある方

【副作用】
悪性症候群、セロトニン症候群、てんかん発作、無顆粒球症、麻痺性イレウス、間質性肺炎、好酸球性肺炎、心不全、QT延長、心室頻拍(Torsades de pointesを含む)、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、肝機能障害、黄疸

口渇、排尿困難、便秘 、悪心・嘔吐 、ふらつき、めまい、発汗

パーキンソン症状・振戦・アカシジア等の錐体外路障害、眠気、その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。

【成分】
Imipramine hydrochloride 25mg

イミプラミン塩酸塩 25mg

【メーカー】
Assos ilac kimya gida Gida Urunleri Uretim ve Tic A.S

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓