ジェネリックトピラマート(トピロール、Topirol)25mg

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓


最安値:3,863 円~
【商品説明】
トピロール(トピラマートジェネリック)は、てんかん発作予防として使用されている治療薬です。トピラマートを成分としています。

トピラマートは脳神経の興奮を鎮めるほか、てんかん発作のきっかけとなるAMPA/カイニン酸型グルタミン酸受容体の機能抑制をします。他の抗てんかん薬と作用機序が異なり、他の抗てんかん薬で効果が不十分な場合に併用することで発作頻度の30%を減少させることが確認されています。また、成人だけでなく2歳以上の小児のてんかん治療においても有効性・安全性が確認されています。

トピロール(トピラマートジェネリック)は、他の抗てんかん薬と作用機序が異なるため、併用することにより効果的にてんかんの発作を抑えることができます。

【効果効能】
抗てんかん剤で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する治療に併用されます。

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

【用法用量】
成人:通常、成人にはトピラマートとして1回量50mg(2錠)を1日1回又は1日2回の経口投与で開始してください。以後、1週間以上の間隔をあけて漸増し、維持量として1日量200~400mg(8~16錠)を2回に分割経口投与をしてください。
なお、症状により適宜増減しますが、1日最高投与量は600mg(24錠)までとしてください。

小児:通常、2歳以上の小児にはトピラマートとして1日量1mg/kgの経口投与で開始し、2週間以上の間隔をあけて1日量2mg/kgに増量してください。以後、2週間以上の間隔をあけて1日量として2mg/kg以下ずつ漸増し、維持量として1日量6mg/kgを経口投与してください。症状により適宜増減するが、1日最高投与量は9mg/kg又は600mg(24錠)のいずれか少ない投与量までとします。なお、いずれも1日2回に分割して経口投与をしてください。

■錠剤を分割して服用される際は、下記商品のご利用を推奨いたします。
▶安全度の高い錠剤カッターをご希望の方には、ウルトラピルカッター
▶ピルケース付きで持ち運びたい方には、ピルカッター
▶シンプルな錠剤カッターをご希望の方には、ブルーピルカッター

【注意事項】
閉塞隅角緑内障・腎機能障害・肝機能障害・自殺企図の既往及び自殺念慮を有するうつ病・高齢者の方は、慎重投与となるため、本剤を使用する前に、必ず医師にご相談ください。
連用中における投与量の急激な減量ないし投与中止により、発作頻度が増加する可能性があるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行うようにしてください。なお、高齢者、虚弱者の場合は特に注意が必要です。
2回分を一度に服用しないでください。
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。
妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
薬剤を服用中の方、治療中の方は、本品使用前に必ず医師にご相談ください。
本剤や、本剤含有成分にアレルギーのある方は、服用をお控えください。
子供の手の届かないところに保管してください。
直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。

【副作用】
成人
主な副作用
傾眠、体重減少、浮動性めまい、無食欲及び大食症候群等
臨床検査値異常(γ?GTP増加、血中塩化物増加、血中重炭酸塩減少、血中リン減少)

小児
主な副作用
傾眠、乏汗症、食欲減退、発汗障害、体重減少等
臨床検査値異常(血中重炭酸塩減少)

重大な副作用
続発性閉塞隅角緑内障及びそれに伴う急性近視、腎・尿路結石、代謝性アシドーシス、乏汗症及びそれに伴う高熱等
そのた異常を感じた際は、医師の診断を受け、本剤の減量・休薬等の対応をしてください。

【成分】
Topiramate(トピラマート) 25mg

【メーカー】
Sun Pharmaceutical Industries

↓↓正規品取扱いのIST公式サイトへ行く↓↓